未成年の犯罪について

いきなり生々しい話になりますが、近年、未成年者による犯罪、それも常軌を逸した犯罪を犯す未成年が後を絶ちません。

なぜ、このような事になるのか?犯罪を犯す未成年は、たいがい家庭に問題があるという分析がなされますが、果たしてそれは正しいのでしょうか?家庭に問題がと一口に言っても、その内容は様々で、そうした家庭は決して少なくないし、むしろ懸命に頑張っている人達の方が遥かに多いんです。

それを考えた時、犯罪を犯す未成年に、家庭が問題があったのだとするのは、単純に甘えだと思わざるを得ないのです。未成年といっても、中高生にもなれば、物事の道理は理解出来ますし、善悪の判断だって出来ます。つまり自分のしている行為、これからやろうとしている行為が、世間にどれだけの影響をもたらし、周りにどれだけの迷惑をかけるのかということも分かるはずなんです。

ただ、社会は、未成年だというだけで寛大な処置に傾倒しますが、それが万引きやケンカ、自転車窃盗といった昔からあるような、出来心やイタズラならいざ知らず、世を震撼させるような犯罪を犯すような未成年に、寛大な処置も何もないと思います。

今の未成年は大人が思うほど、愚鈍ではなく、少年法を盾に、遊び感覚で凶悪犯罪を犯します。未成年、とりわけ子供に対する態度。子供を守る、保護するということを、何か勘違いしている大人ばかりなのではないでしょうか。昔と今は違うというのであれば、未成年だって昔と今は違うのだということを、今一度考え直す時が来たのでは、そんな思いです。

妊活中の妻のダイエット作戦

 妻は昨年末から妊活の為、以前パートで勤務していた会社を退職して、自宅で妊活を行っています。

どちらか言えば、ビデオ視聴とインターネット閲覧と昼寝が中心で、少し太ったのではと気になりだし、昨年末に伊能忠敬の万歩計を購入して、ダイエット作戦に励んでいます。

本当はウォーキングがベストですが、寒い事と、ある場所は人通りが少なく、昼間でも治安が悪い場所もある事から、以前購入して、1年ほど休眠していた、任天堂WII-FITのランニングと踏み台昇降を再開させ、カロリー消費とダイエットに励んでいます。

そのおかげもあり、1日1万歩歩くことが実現できており、万歩計上の伊能忠敬の進み具合も気にしながら楽しんでダイエットに励んでいます。

妻は元々太めで、結婚当初は体重は70キロ、身長は156センチとかなり太身で、お腹が出ている事から、嫁の事を「狸」と呼ぶこともあり、ひやかしのように、信楽焼きの狸を5体置いています。

妊娠中の肥満は妊娠中毒につながりやすい事等から、昨年に栄養指導を受け、10キロ減に成功しましたが、リバウンドしつつある事に危惧を抱いたためでしょう。産後太りもありますが、元々太身であった事から、このままでは着る服(フォーマルウエアやスーツ・普段着)がなくなるのではと思いますので、妊娠後は、専門家のアドバイスを受けながら行ってほしく思います。

大平光代さんの本を読んでみてください。

今日は1冊の本をご紹介します。ご存知の方も大勢いらっしゃると思いますが大平光代さんの「だからあなたも生き抜いて」です。
この本は大平光代さんが10年ほど前に書かれた本です。その後も大平光代さんは本を書かれていますがこの本は最初に私に大きな元気を与えてくれた本として、
ぜひ皆さんにも読んでほしいのです。大平光代さんは恵まれない家庭環境からぐれてやくざの妻に10代でなりました。
彫り物もあります。しかし目覚めさせてくれる人がいて一念発起苦労して弁護士になりました。日本一難しい試験です。
その後常に弱者の味方として活動していらっしゃいます。売名は嫌いな方でメディアには顔を出しません。
一度だけ招聘されて某行政機関の副知事として仕事をされましたが、反抗勢力に嫌気がさしさっさとやめてしまいました。
まともな考えが通用しない既得権を持った強者の世界に用はなかったのです。
その人の書かれた本です。だまされたと思って読んでみてください。特に今悩んでどうしようもない世界に迷いこもうとしている方々にぜひ読んでほしいのです。
元気が出ます。考えが変わります。世の中にはこんな立派な強い人もいるのだと感心させられます。まずこの本を読んで次の大平光代さんの本を読んでみてください。

どこまでもきっちりクーポンを使ってます!

お一人様でお昼前からガストに行きました。ちょっと休憩がてらなんですけどね。座りたい、コーヒーが飲みたい、安いお店でオッケー、というその時の願望を見事満たしてくれたのがここでした。
ちょうど今朝の新聞広告にガストのチラシが入っていたので、使えそうなクーポンをチョキチョキしてお財布に数枚忍ばせていたんですよ。クーポンを使って少しでも得をしちゃおうという主婦根性丸出しの打算もあって、このお店をチョイスしたともいえますね。
ということで、本日注文したメニューは、えびのミニサラダ249円がクーポン利用で199円と、セットプレミアムカフェ199円がクーポン利用で120円です。ランチタイムではなく、早い時間帯の午前中でしたから、このメニューで十分でした。というよりむしろ、本当はコーヒーだけで十分だったのですが、単品ではクーポンが利用できないんですよね。何かお食事メニューとセットにしないと、プレミアムカフェは安くならない。ですから、サラダと一緒に注文したわけです。
実際、プレミアムカフェ単品の注文より、今回2種メニューをクーポン利用した合計金額の方が安くついたという点が、よしっ!と思えるポイントなんですよ。お安くお得に、そして野菜メニューで健康的に休憩できて、とても満足しています。
まあ実際は、ネット会員のクーポンもあるんですけどね。今回は、たまたま見つけたチラシのクーポンを使ってみました。ハサミでチョキチョキとアナログな感じも、たまには良いですね。

イスラム国による日本人身代金要求

昨日イスラム国による日本人身代金要求のニュースを見ていたときに、色々な意見が飛び交っていました。

画像が合成ではないのかとか、護衛の人が裏切ったからだとか。

たしかにつかまっている二人を見比べてみると、光の当たり方や衣服の揺れ方が全然違うようにも見えますし犯人が手に持っているナイフを自分の右手側にいる人にしか向けてないのも不自然なようにも思います。

過去あった、テロリスト達による日本人の身代金要求は解放された方もいれば、遺憾にも殺害されてしまった方もいました。

宗教や利権、それぞれの価値観の差異における主義主張で争うことがあったとしても、折り合いがつかないからとか自分達の存在を誇示するために命を搾取するその手段方法に怒りを覚えます。

今回の事件もお金で解決できるならそれに越したことはないのかもしれませんが、世界各国と対テロ対策の歩調をあわせている日本にとって難しい選択肢でしょう。

なんとかイスラム国と連絡をつけて、対話での人質解放と事件の決着をつけていただければと思います。

世界にまだまだ多くの貧困が残っていて、世の中の絶対的な悪は貧困しかないという話もあります。その貧困がテロを作り、犯罪を作り、暴力で他者から奪うことしか考えられなくなる人間を作ってしまうそうです。

発展途上の国や貧困にあえぐ子供達のために出来る何かを模索していく、そんな必要性を感じさせられるニュースでした。

一刻も早い解放を切に願います。

死霊のはらわた

リメイク版には、オリジナルにはなかったプロローグがあるのでワケが分からないうちに人が死ぬってことはないかな。それゆえに、物語の魅せ方がシンプルになっている感じです。
監督さんが「最近の映画は想像だけじゃだめで、映像を用意してあげないと理解してもらえない」みたいなことを言っていた。
なるほど~。それでプロローグが加わったワケです。
血がこれでもかって
吹き出るスプラッターを観た気がする。もう鮮血が美しすぎてアートの域まで達してるんじゃないかなと。おいちゃんはなんか変態だからさ、人が死ぬたびに「綺麗やで~」って思ったぐらいです。それにしてもエリック(ルー・テイラー・プッチ)はギャグです。
ホラー映画見てて、この人早く楽にさせて~って叫びたくなったよ。
とにかく痛い目だけを味わって死ねないんだ。もう可哀想です。
ラストのチェーンソーは、引き絵になって全体図を強調してるのかな。
素晴らしいアートでした。赤って冴えるからさ。まあ、オリジナル版と比べる人が多いみたいだけど、ナンセンスです。
リメイクにはリメイクの良さがあるわけだし、比べるものじゃないです。
むしろ2パターンも観れて幸せを感じます。
ということでリメイク版「死霊のはらわた」、超楽しかったです。

絶不調な日

今日は本当に不調でした。。
一日中だらだら。。

朝起きて、朝食を食べて
洗濯物をするところまではよかったんです。
でもそこから、何にもやる気が起こりませんでした。

一日中パソコンの前に座って
ネットサーフィンしてました。
本当はやらないといけないことがいっぱいあるんですけどね。

夕方からは学校があって
一度は行こうとしたのですが、思ったよりも
外が寒くて上着を取りに行こうとしてそのまま挫折しました。

新しい土地に引っ越してきて
14日目。友達が全くいません。
ホームシックです、正確には寂しいだけですが。
学校のクラスは自分以外に女性が2人しかいません。

そのうちの一人はなまりが強くて何を言っているのか
あまり理解できないので、
その人と会話をすることに積極的になれません。
唯一もう一人の人が少しずつ仲良くなってきましたが、
私はこちらに家族も友達もいませんが
相手には家族も友達もたくさんいます。
なのでなかなかその時間を奪う気にもなれないんですよね。

とにかく今、一緒に出掛けられる
日本人の女の子か、英語の勉強に付き合ってくれる
同世代のネイティブスピーカーの友達ができないかなぁ、
と、激しく思っています。
明日は切手を買いに行くついでに
スターバックスに時間つぶし兼ナンパ待ちをしに行こうと思います。